ガジェット

Airpodsの使い心地

僕はガジェットはほぼApple製品で固めており、PCはMacBook Pro、スマホはiPhone、さらにiPad miniも持っているという持ち物だけはApple信者ですw

iPhoneはiPhone 7を使用しており、ご存知の通りイヤホンジャックがありません
一応Lightningケーブルに接続できるイヤホンが付属されていますが、見た目的にもBluetoothイヤホンの使用が推奨されている感じです。

Bluetoothイヤホンもピンキリでして、自分もiPhone7に変えてからいろいろ試行錯誤してみました。
最初の頃はTaoTronicsのイヤホンなど使っていましたね。お値段的に3,000円くらいだったので結構お手頃なのがよかったです。

割と好みが別れるところですが、自分はカナル型のイヤホンが苦手・・・
Bluetoothイヤホンって安定感のためかわかりませんが、インナーイヤー型のイヤホンって少ないんですよね・・・

そんなこんなでいろいろ探していきますが、結局行き着くのは純正のイヤホンw
かつては「耳からうどん」とバカにされていましたが、今ではすっかり市民権を得て街中でも見る機会が増えてきたように感じています。

Airpodsは2万円弱とイヤホンとしてはなかなかのお値段ですが、ネットでの評判もよく、ビックカメラのポイントが結構貯まっていたのもあって、購入するに至りました。
購入して1ヶ月超というところなので、使って見た感想など簡単にレビューしてみようかと・・・

ストレスフリーな使い心地

Airpodsの良さはやはりストレスフリーに音楽視聴ができることだと思います。

完全ワイヤレスのため、一般的なBluetoothイヤホンでありがちなケーブルが絡まってしまうようなことはなく、専用ケースに入れて持ち歩くことができ、非常にコンパクトです。

iPhoneとの接続も非常にスピーディーで、Airpodsのケースのふたを開けるとiPhoneとリンクされます。

またAirpodsを耳にかけていることをセンサーが認識するため、Airpodsを耳から外すと音楽が自動で止まるようにもなっています。

バッテリーの持ちも十分

Bluetoothイヤホンではものによってはバッテリーが持たず、頻繁に充電する必要があります。
Airpodsはバッテリーも優秀で、公式情報によると

  • Airpodsと充電ケースの併用で24時間以上の再生
  • 1回の充電で最大5時間の再生
  • 充電ケースで15分充電すると3時間の再生

が可能とのこと。充電ケースをフル充電して持ち歩けば余裕で1日持ち歩けます
充電器もiPhoneやiPadと同じケーブルなので、充電用ケーブルを1つ持ち歩くだけで済むのも大きなメリットです。

デメリットを強いて挙げるとすると・・・

目立ったデメリットは特にないですが、強いて挙げるとするとスポーツでの利用は難しいかもしれません。

Airpodsの耳へのフィット度合いによりますが、あまりフィットしない人では走ったりすると外れてしまうかもしれません。

基本的にAirpodsはiPhone純正イヤホンと同じ形なので、それが自分の耳に合うかどうか確かめて見るとAirpodsの装着感の参考になると思います。

まとめると・・・買ってもいいとおもいますw

簡単にまとめただけですが、とにかくストレスフリーで便利です。

お値段は決して安くはないですが、Apple製品で固めている自分のような人には良い製品だと思います。

Apple信者の方なら買いでしょうw

スポンサードリンク

スポンサードリンク